忍者ブログ

Life in Progress

Bismarck鯖でおバカな日常を繰り返しているタルタルの、音楽と愛と欲望(?)に満ち溢れたFF11&リアル日記。
2017
06,29

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004
03,31
FF11で個人的に一番やりやすい印象がある敵が、一匹コウモリです。

コウモリには、3匹連なってるタイプと、単体の敵がいるんですが、3匹のほうにはジェットストリームアタックという技があって、どどっとダメージが。
それに比べ、一匹コウモリは吸血くらいしか痛い攻撃がないのもあるんですが、コウモリ自体突攻撃に弱く、そして何より柔らかいのでダメージが出やすい。
さらに言えば、Lv33以降では主流となってくる湾曲連携に弱いこともあって、非常に狩りやすい敵でありました。

なぜこんな前置きをしたかというとですね。。。
今日忍者Lv32でパーティーに行ってきたんです。
が、昨日までほいほい避けてダメージ0うへへへへ、って感じだったのに、今日は全然避けることができなかったんですよ;;
ガルレージュ要塞に行ってきたんですが、まあLv32じゃちょっと早いというのもあったとはいえ、少し変だなーと。
そしてハタと思いつきました。
この敵、忍者には意外と向かない敵なんじゃないか、と。

ふつうに盾役がいるパーティーならいいんですけど、忍者にとって一番痛いのは、回避ダウンの技を食らうことです。
単体コウモリの回避率ダウン効果のある超音波という技、これが最悪だというわけでした。。。
加えて、横だまが無くなった今、だまし討ちがコウモリ相手になかなか安定しなかったというのもあるんですけどね^^;

レベル的に早いかなというのはあれ、例えば、要塞のカブトムシは意外と全然平気でいけたんですよね。
それを考えると、やっぱり忍者で要塞ウマーとはならないかな、と少し残念な気持ちになりました。
やっぱりアルテパか、あと海蛇辺りに行くべきかなー。うむむ。

ということで、要塞で白さんを死なせたりもしたんですけど、思いついたように昨日お世話になったエビにチャレンジ。
こちらは逆に、忍者にとってはかなりやりやすい相手でした。
怒りの一撃という技は、盾役さえうまければ食らうことは無いし(ただし忍者の場合空蝉切り替え中に食らうこともw)、怒りの旋風という範囲スタン技も回避できるし。
つーわけで、後衛さんに殆どケアルさせないで終わる戦闘があるくらいに、うまく回ったおかげで、なんとかLv33になりました。
今日は人も集まらなかったし、狩場選びもミスったりで、結局時間的には大してできなかったのが残念だったのだけど。。。
ふつうだと嫌がられる敵が忍者には合ってて、逆にうまくてよく使われる敵が意外と忍者封じの技をもっていたり。。。この辺りも忍者が面白いなと想う理由の一つ。

そういえば、Lv33になったということで、新しい片手刀のウェポンスキル、凍を覚えました。
でもこれ、硬化と振動ということで、、、微妙な技ですなw
とりあえず早く地を覚えたい。。。ってLv49までお預けかyp!
ま、そこまでやっているかどうかは甚だ疑問なところだけど。

そんなわけで、忍者道日々邁進中なんですが、忍者の指輪って何つければいいんだろ、と悩んでおりますw
二刀流、なんかTPたまり他の人より遅いこともあるんで、命中アップとかのがいいのかな、と想いつつ。
それともAGIアップリングとかの方がいいのかなー。
今までモンクの時はSTRアップ装備、シーフのときはDEX+AGIアップ装備で来たんですけど、忍者は結構あれこれいじりがいがあって、考えるのが楽しかったりはしますけどね^^
回避一辺倒で行くのか、ある程度アタッカーとしての機能を高めていくのか。。。悩ましいなあ(*´Д`*)
PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
タレ
性別:
男性
職業:
ホストと言われるけど違います(´・ω・`)
趣味:
音楽だいすっき!
自己紹介:
Bismarck鯖でぼんやりと生きています。
音楽大好き(聞くのも弾くのも作るのも)、それなりに拘るけどがむしゃらは好きじゃない、PTは会話がないとつまんない・・・そんなヤツの日常ですが、よかったら見てやってくださいませっ。

Profile
最新CM
[05/21 タレ]
[05/14 ぽくぇ]
[05/09 タレ]
[05/09 ふぁる]
[03/18 ひほ]
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]